Photoshopで電球を光らせる方法を簡単に紹介

電球を光らせる方法

今回はPhotoshopを使い、電球を光らせる方法を紹介します。

また、電球以外にも街灯や怪しく光るきのこも作ってみたいと思います。

Photoshopでレタッチの練習を始めて間もない方へ向けた内容です。

では、紹介します。

 

電球を光らせる方法

電球を光らせる簡単な方法です。

電球の画像を開くか、背景画像に電球画像を配置します。今回は、配置しました。

この記事↑で紹介した時に切り抜き保存しておいた電球画像です。

背景画像に電球画像を配置

次に、その電球のレイヤーの上に新規にレイヤーを1つ作り作業していきます。新規に作ったレイヤー名を『白い光』としました。

白い光

 

それでは、光を付けていきます。電球で明かりが灯って欲しいところに『ソフト円ブラシ(描画色は白)』を軽くポンとおきます。

大きさは電球より大きめで、硬さは10%にしました。

光った電球

白(明かりの元)を置いたら、そのレイヤーにぼかし(ガウス)を効かせて、ぼんやり感を出します。

フィルターぼかし(ガウス)

スネーィル
スネーィル

実際、ぼかし(ガウス)の有無の違いはほとんど分かりませんが、光や背景の状態では『ぼんやり感』が出ますので、ぼんやりとした光にしたい時はぼかしを入れる方法も覚えておきましょう!

(半径を100pixelにしましたが、画像サイズにもよっても変化量は違いますのでたくさん試して慣れていきましょう)

 

次に、レイヤーをオーバーレイにします。

電球の明かりにオーバーレイ

すると電球の画像はこんな感じ。

オーバーレイで光った電球

先ほどは白をうっすらと上に被せたような感じでしたが、レイヤーをオーバーレイにすると中が光ってるようになってくれます。

比較してみましょう。

オーバーレイと通常の比較

見習い
見習い

並べて比較すると、中が光ってる感はあるね。

でもあんまり違わないような・・・

まだ終わりではありません。

スネーィル
スネーィル

これだけでも電球は明るく光りましたが、もっと電球色の色を足していきましょう。

白い明かりのレイヤーの上にもう1つ新規レイヤー『電球色』を作ります。

電球色の追加

電球色(黄色)も同じように

  • ぼかし(ガウス)
  • オーバーレイ

とやってみましょう。すると、こうなりました。

白と黄色の光を追加

完成です。

つづいては、この光らせるテクニックを使って簡単なレタッチ作品を紹介します。

 

夜の提灯を光らせてみた

暗い繁華街

例えばこの写真の一番手前にある提灯を明るく光らせてみたいと思います。

やり方は上記と同じ方法でやってみました。

光った提灯

黄色い矢印で示している提灯に明かりをつけてみました。

 

きのこを光らせてみた

加工前のキノコ

次はこちらのキノコの写真を使い、周りを暗くしてきのこが不思議な光を放つようにしてみたいと思います。

光り輝くキノコ

こんな感じになりました。

実際にこんなきのこがあったらすごく不気味ですよね!でも、お庭の街灯だったら楽しいかもしれません。

作り方は、上記の電球を光らせた方法と同じで、ソフト円ブラシの硬さを少し変えたりきのこの傘の下も少し明るくしました。

ファンタジー作品やおとぎ話で出てきそうなイメージ作りに活用できそうです。

 

まとめ

今回は電球を光らせる方法について紹介してきました。

ポイントは、光は別レイヤーで作り、

オーバーレイ効果で元画像を残しているところです。

 

また、オーバーレイを使って部分的に明るさをプラスする方法は、

光の玉の作り方で紹介している方法と合わせても活躍してくれると思います。

参考にしてもらえましたら幸いです。

ψ あわせてオススメ記事 ψ

Photoshopの機能1つづつを1分で紹介!初心者向け講座
この記事はPhotoshop初心者が独学を始めて間もない人へ向けた内容です。 あれ、あの機能なんだっけ? こういう時どうするんだっけ? こんな方法もあるんだ! というような内容で、私自身も同じよう...

コメント