Photoshopは独学でOK!まずは月に1,200円稼ぐ方法

Photoshopは独学でOK!まずは月に1,200円稼ぐ方法

Photoshopは独学で学べますか?

もちろん独学でも出来るよ!

ただ、どのレベルまで到達してPhotoshopが使えるよ。と胸を張っていえるかは人それぞれです。

 

そこで、

この記事では出来るだけハードルを下げて、

  1. トリミング
  2. 明るさ・コントラスト
  3. 彩度

スマホ撮影写真にこれら3つの画像編集で、

月に1,200円の収益を生み出す方法

を紹介します。

 

この記事↑の続きの内容です。

 

なぜ 月1,200円 なの?

って理由ですが、Photoshop CC のライセンス料として、私は毎月980円+税10%=1,078円を支払っています。

コレ↓

アドビPhotoshop支払い画像

最低限このライセンス料は回収したいのと、他にPCの電気代(約100円/)を加味したところで1,200円と設定しました。

 

見習い
見習い

PCの電気代って、もっとかかるんじゃない?

スネーィル
スネーィル

いやいや、Photoshopを使ってる時間だけで考えると今のところ、約100円くらいだと思うので、きりの良い1,200円と設定しました。

 

闇雲に勉強するより、どのような形でも目標(今回は1,200円)を設定した方がモチベーションが保てますし、

目標が達成出来たら嬉しくなりますからね!

 

ほら、算数だって初めは

  • 1+1=2

足し算から始まって、掛け算九九が9×9=81まで言えるようになると嬉しかったと思います。

それが高校の数学になると

  • {f(x)+g(x)}=f(x)+g(x)

こんな感じになってきたり。

もうすっかり忘れてなんのことだか覚えてません…

 

Photoshopも同じで、

カッコ良くエフェクトを効かせた写真や合成写真も、はじめは簡単な操作が大切です。

「エフェクト」ってなに?

この記事ではエフェクトなど、ちょっと専門的な用語は飛ばして凄く基本的なことを紹介します。

 

そんな理由からまずは、

月にPhotoshopを使って1,200円以上の収益を生み出す方法を紹介します。

1,200円が達成できたら、次は2,000円、3,000円と増やしていきましょう!

 

ちなみにですが、

  • まだPhotoshopを持ってない人
  • GIMPなどの無料ソフトやアプリで編集したい人

Photoshopを使わなくても実現可能ですし、これからPhotoshopをやってみようか検討中の方も是非、参考にして下さい!

 

Photoshopで初めに覚えたい3つのツール

Photoshopで初めに覚えたい3つのツール

それでは、気になる3つの操作する機能(ツール)を紹介します。

Photoshop以外の無料ソフトやスマホアプリでも『画像編集ソフト』というものでしたら、デフォルトで付いている基本的な機能です。

それは、

  • トリミング
  • 彩度
  • 明るさ・コントラスト

この3つです。

見習い
見習い

冒頭でも言ってた、スマホ写真を画像編集した3つ機能だね。

photoshopの独学でしたら、このあたりから攻めていくと、楽しみも一緒に体験できます。

 

独学のスタート時点では各ツールの操作方法を完全にマスターする必要はありません。

 

それでは1つづつ紹介していきます。

 

トリミングのやり方と効果

トリミングのやり方と効果

あっ、しまった。

余計な物が写真の端に入りこんでしまった。

黄色い〇のところですが、何か入り込んでしまいました。

 

そんな時はトリミングツールを使って、切り取ってしまえばOKです。

Photoshopのトリミングツール

せっかくなので、食べ物が目立つように左側の余白も切り取ってしまいます。

 

トリミングツールは他にも便利な機能はたくさんありますが、

はじめは周りを切り取るだけの操作。

と、いうくらいに覚えておきましょう。

これだけでも、作品の仕上がりは全然違います!

 

元の写真↓

トリミング前の写真

 

トリミング後の写真↓

トリミング後の写真

見習い
見習い

別にPhotoshopでやるほどのことじゃないんじゃない?

先生

操作に慣れることが大切です!

見習い
見習い

あんた、誰だい?

スネーィル
スネーィル

はい、それでは次に行きましょう!

彩度の変え方と効果

彩度の変え方と効果

彩度を変えると、なんとなくぼやけてた写真が、すこしクッキリとしてきます。

このひと手間を加えるだけで、旧型のスマホ(単眼レンズ)で撮影した写真でもそこそこ見た目がよくなります。

※私、未だにカメラはスマホ(単眼レンズ)しか持っていません。

 

もちろんスマホでも彩度は変更できますが、操作方法を慣れる為にPhotoshopへ取り込んで作業していきます。

せっかく覚えるのでしたら、Photoshopの操作を1つでも多く覚えたいですからね。

 

変更前↓

彩度変更前

 

自然な彩度を変更した後↓

彩度の変え方と効果

 

彩度を変更した場合↓

彩度を変更した場合

 

Photoshopの場合、彩度の調整でも

  • 自然な彩度
  • 彩度

の2つがありますので、今回は『自然な彩度』のみを変更して、違和感のない状態で進めていきます。

 

彩度を調整するための操作は、

彩度メニューの場所

ここをクリックすると、

彩度メニューの場所

このように『自然な彩度…』という項目が出てきますので、それをクリックで操作できるようになります。

 

明るさ・コントラスト調整の方法と効果

明るさ・コントラスト調整の方法と効果

明るさやコントラストを極端に変えると、まるで別世界のように変化します。

試しに調整つまみをいじってみると、かなかな面白いですよ。

 

自然な彩度の調整と同様に、

明るさとコントラスト調整

ここをクリックすると、

明るさとコントラスト調整2

このように出てきます。

 

私の場合、この記事を書いている現在でも80%以上の作品はこの3つ画像操作、

  • トリミング
  • 自然な彩度
  • 明るさとコントラスト

だけで作品を完成させています。

(これだけでも収益化は可能です)

 

たとえどんなに小さな収益でも手応えがあると、一気にモチベーションUPしますからね!

 

トリミング・自然な彩度・明るさとコントラスト変更した写真の比較

オリジナル写真

↑こちらはオリジナルの写真です。

そして、こっち↓が先ほどの3つの操作をした写真です。

編集後の写真

少しお皿の白さが強すぎる気がしますが、でもこっちの写真の方がだいぶ見栄えしてると思います。

 

Photoshopの練習に最適な素材の入手方法

いきなりPhotoshopの機能を紹介してしまいましたが、その前に凄く大切なことを忘れました。

それは、練習素材 の入手方法です。

 

Photoshopを独学する時には画像素材が必要になります。

その練習素材の入手方法ですが、

身近な物を スマホでパシャ!

 

photoshop練習用にスマホで撮影

 

これで問題ありません。

 

むしろはじめから質の良い写真や画像を使うと、どこを修正したらいいのか分かりませんからね!

それでしたら、

今、目の前にある物を自分のスマホで撮影して、その写真を練習素材としましょう。

 

この方法(スマホ撮影)だと考える時間も費用も何も必要ありません。

また、この後で説明する収益化する時に著作権とか、

めんどくさいことも必要ありませんからね!

だって、自分で撮影したのですから、著作権は自分自身にあるからです。

 

ただし、オブジェクト作品などの被写体によっては、それ自体に肖像権や著作権などの権利問題がありますので、当たり障りのない物を撮影するのがオススメです。

 

Photoshopの練習成果を確認して喜ぶ方法

ここまでで、

  • Photoshopで初めに覚えたい3つのツール
  • 練習素材の入手方法

これら2つが揃いましたので、まずは独学を始めた自分自身に喜びを味わいましょう。

 

ちなみに私がスマホで撮影した写真はさきほどの

トリミング前の写真

編集後の写真

このように手を加えてみました。

 

2枚を比較すると、だいぶ違いがあると思います。

例えば、この写真をレポートとかブログ記事とかに使いたい時、あなただったらどっちを使いたいですか?

 

私はもちろん修正後の写真を使いたいです。

それでは、ここから喜ぶポイントを3つを紹介します。

 

喜ぶポイント、1つ目

Photoshop操作が少し出来た満足感!

 

喜ぶポイント、2つ目

せっかくなので、この写真を登録無料で投稿できる、

写真投稿サイト

【写真AC】
へ投稿してみます。

 

まずは、審査が通るか通らないか。

審査には1日~1週間くらいかかりますので、投稿したら審査結果の連絡を待ちましょう。

 

この待っている間は、他の写真も修正したりして、さきほどの3つのツールの使い方を慣れていきましょう!

写真ACは比較的審査基準が緩いので、たぶん通過すると思います。

仮に審査に通らなかった場合は、その理由も明記されているので大丈夫!

再び撮影して再度投稿していけば、だいたい審査は通過します。

ピンぼけや商標商品のロゴなどが入って無ければ97%以上の確率(個人的な実績)で審査は通ります。

 

で、2つ目の喜ぶポイントは、

自分で撮影&編集した作品の審査が通過することです。

審査が通ると嬉しいですよ!

 

ランチセット
ランチセット(No: 3653551)の無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

これ↑が、実際に審査に通過して投稿サイトへ掲載されてる作品です。

 

喜ぶポイント、3つ目

無事に審査が通過したら、いきなり1回くらいはダウンロードされるかもしれません。

ただ、数枚の投稿写真でいきなりたくさんDLされることほとんどはありませんが、

もしたくさんDLされたらそれは凄い才能ですよ!

もう写真家やクリエイターとしてもどんどん活動していった方が良いと思いますね。

 

一般的には、何枚か投稿しているとそのうちDLされますので、焦らずPhotoshopの3つの操作を早いところ慣れてしまいましょう。

ちなみに私は、10枚くらい投稿した時に初めて1回DLされました。

 

この

DLされた ⇒ 誰かの役に立った

これが3つ目の喜びです。

そして、DLされると1回あたり(2.75 or 3)ポイントがもらえます。このポイントは、一定量(5000ポイント)になると、そのまま5,000円分へ換金もできます。(2021年1月時点)

こっちの方が喜びのポイント3つ目の本音かもしれませんね!

 

Photoshopの独学を加速させる方法

ここまでをおさらいすると、

  1. 写真をスマホで撮影
  2. Photoshopで【トリミング】【彩度】【明るさ・コントラスト】調整
  3. 写真投稿サイトへ投稿して審査に通過する
  4. 投稿サイトでDLされる

こんな感じで解説してきました。

 

ただ、これだと月に1,200円分の収益目標はまだまだ程遠いです。

そこで、一気にモチベーションを上げて、独学を加速させる方法は、

すばやく目標1,200円を達成することだと思います。

 

その方法としては、

綺麗に撮影出来た写真は、Photoshopの修正をせずに投稿してしまう。

です。

 

Photoshopの修正をしないって、それでは独学ではないですよね?

でも大丈夫!

画像修整しないのには理由があります。

 

写真ACの場合、他の写真投稿サイトよりも単価が低い分、審査基準も低いです。そこを逆手にとって、スタートダッシュ!を効かせてしまいましょう。

10枚よりも20枚、20枚よりも50枚、50枚よりも100枚と、はじめはPhotoshopの編集はやってもほどほどにして、一気に写真を投稿してしまう方法です。

 

写真ACの良いところは、1枚でも早く投稿してしまえば1回でもDLされる可能性があがります。

その為、まずは身近な物や同じものでも少し角度や背景を変えてバシバシと投稿してしまいましょう。

 

Photoshop操作が徐々に身についてきたら、1枚の写真から何枚もの作品へ増やしていくことも可能です。

 

ですが、まずは数十枚投稿して、審査結果や初DLを待っている間にPhotoshopの練習を重ねて行きましょう。

 

すると、ある日初DLが発生します。

日を重ねるたびに、ポツリポツリとDLされてきます。

 

そこで、どのような写真がDLされたのかを確認して、

同じ様な被写体や構図で撮影し、その写真をPhotoshopで編集してクオリティーを高めていく

すると、編集した写真の方がDLされやすくなります。

 

Photoshopで編集した作品がDLされると、モチベーションも上がり、きっと編集作業に気合が入ると思います。

気合が入ると独学ペースも加速するでしょう。

(私はそうでしたので)

 

ということで、まとめると次のようになりました。

 

まとめ:Photoshopで独学は可能です

Photoshopの超基本的な操作方法、

  • トリミング
  • 彩度調整
  • 明るさ・コントラスト調整

まずは、この3つの操作に慣れていきましょう。

 

慣れてくると、彩度や明るさの微妙な調整加減で、スマホ写真も生まれ変わります。

  • 少し成長した自分に自信を持ち、素直に喜びましょう!

一旦喜んだら、更にPhotoshopの操作と練習を加速させて、Photoshopのライセンス料は早めに回収してしまいましょう。

 

基本的な3つのツール操作に慣れてきたら更に2つ、3つと操作できるツールを増やして、知ってる・使えるツールを増やしていきましょう。

すると、

おっ、Photoshopできるんだ。凄いね!

と、知り合いから言われたり、ネットサービスを使ってPhotoshop作業のお仕事を受けることも可能です。

Photoshopを使った案件

こんな感じで。

上記は、クラウドワークス で見ることができます。

 

以上、『Photoshopは独学でOK!まずは月に1,200円を稼ぐ方法』でした。

 

そうだ!

今回の内容では、編集する写真の取り込み方と、出力方法の説明がありませんでしたね。

失礼しました。

 

続いては、Photoshopで

について別記事を用意しましたので、ご覧下さい。

 

そんなの知ってるよ!いう方は飛ばしてもらい、次は

の記事をご覧ください。

コメント