夕焼けのレタッチ!出張帰りの風景をPhotohopで加工してみた

全体的にオレンジ色をついか

今回は夕焼けの空をPhotoshopを使い、よりカッコよくダイナミックに加工していきたいと思います。

  • 画像編集で使うツールは、
  • 切抜き(角度)
  • スポット修復ブラシツール
  • クイック選択ツール
  • トーンカーブ
  • 消しゴム
  • 雲模様でぼかし放射状
  • レンズフィルター

です。では、いきます!

 

夕日の元写真を用意

夕日の元写真を用意

これでも十分きれいで、たまたま雲の向こうに太陽が隠れて、光線のように見えたのでもっと手を加えていきます。

まずは、水平に直して、余計な電線も消してから作業していきます。

 

画像を水平に直す方法

水平に直すやり方は、

画像を水平に直す方法

ここで、直していきましょう。この時傾きを直す時に周りがトリミングされてしまうので、場合によっては小さくなってしまいます。

あまり小さくなってほしくない時は、『コンテンツに応じる』へチェック入れておくと、PhotoshopのAIが頑張ってくれますので、時と場合によっては使い分けましょう。

 

電線を消す方法

電線を消す方法

ちょっとした電線でしたら、スポット修復ブラシツールでなぞって消してしまいましょう。

今回程度のでしたら、一瞬であたかも無かったかのように消してくれます。

見習い
見習い

まず、ここまでの作業で、

  • 写真の傾きを水平に直す
  • 電線を消す

ができたので、次はどうする?

夕焼けの光を強調するために風景を暗くする

夕焼けの光を強調するために風景を暗くする

つぎは、クイック選択ツールで、空以外を選択して、その部分だけを少し暗くしていきます。

今回はトーンカーブを使っていきますが、別の方法でも構いません。ただ、トーンカーブを使うと結構楽なので、トーンカーブを使った方法でご説明します。

レイヤー構成はこのようになっています。

トーンカーブを使ったレイヤー構成

レイヤー0は、元の写真を角度を直して電線をけしたものです。

それから空以外を選択して、コピーしたのが、空以外の風景レイヤーです。

そのコピーレイヤだけにトーンカーブを効かせると、さっきの写真が次のようになります。

夕焼け以外を暗くした風景写真

次は、空をよりダイナミックに加工していきたいと思います。

 

元の夕焼けを強調するトーンカーブ

元の夕焼けを強調するトーンカーブ

せっかくなので、空だけにもトーンカーブを効かせてみましょう。

すると上の写真のようになりました。

レイヤー構成は、次のようになっております。

別々にトーンカーブの調整レイヤー

このようになってます。

元の風景写真を空と空以外に分けて、それぞれに別のトーンカーブを使って表現を使い分けてみました。

そしてできたのがこの写真です。

空と空以外で別のトーンカーブを使った結果

スネーィル
スネーィル

今にも夕日が雲と山の中へ沈みそうで、幻想的な光が放っている様子になりました。しかし今回はさらに手を加えていきたいと思います。

夕日と太陽から差し込む光を追加していきたいと思います。

 

夕焼けの空に夕日を追加

夕焼けの空に夕日を追加

この様な感じで、ちょうど夕日の光が強そうなところに太陽を書いてみました。この画像はズームしてるので違和感がありますが、実際は小さく遠くなのでこのままいきます。

オレンジいろくぼんやりとした光の玉をつくり、雲に隠れているだろう。というところはマスクをかけました。

ぼんやりとした光は、別記事

を参考にして下さい。この方法で太陽を追加してます。

太陽を追加した夕焼け

見習い
見習い

ちょっとだけ夕日が不自然だけど、まぁいいでしょう。

つぎは、夕日から差し込む光を追加していきます。

やり方は、これも以前の記事

で紹介している方法を使っています。

  1. 雲模様でスクリーンにする
  2. フィルターぼかし放射状を選択
  3. 余分なところを削除(マスクまたは消しゴム)

の手順でやるとこうなります。

夕日に差し込む光の追加

夕日に白っぽい差し込む光は不自然なので、次は差し込む光の色を変えていきます。

 

全体的に色付け

全体的にオレンジ色をついか

奇麗な夕焼けの空って、ほんの数分ですが、全体的にオレンジ色になる時ってありますよね、そこで今回はその状態を再現してみました。

やり方は、

レンズフィルター(オレンジ色)です。

レイヤー構成はこのようになっています。

ダイナミックな夕焼け

 

まとめ

今回は出張帰りの車窓から見た夕焼けの景色が奇麗だったので、Photoshopを使ってさらにダイナミックに加工してみました。

使ったツールは、

  • 画像編集で使うツールは、
  • 切抜き(角度)
  • スポット修復ブラシツール
  • クイック選択ツール
  • トーンカーブ
  • 消しゴム
  • 雲模様でぼかし放射状
  • レンズフィルター

です。

Photoshopを始めてまだ間もない場合は、ちょっと複雑なレイヤー構成ですが、どれも段階的に覚えてきたものを組み合わせただけです。

今回は、追加した太陽がいまいちでしたので、太陽の画像を作るのが課題となりました。もしくは、太陽だけを別の画像から持ってくる方法もいいかもしれません。

私も写真ACへ太陽の写真を投稿してますので、場合によってはどうぞ。

手のひらと太陽
手のひらと太陽(No: 24190744)の無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

この画像は、クイック選択ツールで手だけを選択して手の色を明るくするためにトーンカーブをつかいました。

 

ψ あわせてオススメ記事 ψ

Photoshopを使って晴れた空を夕焼けに変えてみた。作り方の紹介
Photoshopを使って、新緑の映える奇麗な空を夕焼けに変えてみました。トーンカーブとレンズフィルターを使ったレタッチ方法の紹介です。クイック選択ツールで髪の毛を選択するような方法も使います。

コメント